びらとり和牛認定ノ証

びらとり和牛とは?

北海道の南西部に位置する平取町で生産される「びらとり和牛」は、生産者の熱い想いと、北海道特有の厳しい自然の中で鍛えられた、平取町の「大地のごちそう」です。大量生産ができないために、1頭1頭丹精込めて育てられているため、まさに芸術そのものなのです。

「びらとり和牛」とは

びらとり和牛認定店とは?

北海道各地で食の商品開発やリポート取材、料理のレシピ開発などを行っている、3名の食の専門家が、「びらとり和牛」を提供している店を食べ歩いてチェック。「ここは安心・安全で美味しい」というお店を「びらとり和牛認定店」として紹介します。

びらとり和牛認定店一覧

平取町

1899年に門別ほか17村戸町役場から平取外8村戸町役場として独立。1954年には町名が平取町になりました。平取町は、日高地方の西端に位置し、総面積743.09㎢、東西52.8km、南北41.1kmで、形はやや北海道に似た三角形状の町です。日高山脈の最高峠「幌尻峠」や日本一の清流「沙流川」、日本一の広さを誇る「すずらん群生地」など、豊かな自然に恵まれ、夏は涼しく積雪は少なく、北海道では比較的温暖で過ごしやすい気候の町です。
アイヌ文化の拠点のひとつの町として広く知られ、産業は農業を中心として健康で豊かに暮らすことができるまちづくりを目指しています。町名の平取(びらとり)は、アイヌ語「ビラ・ウトル」(崖の間を意味する)から出たもの。