• 文字の大きさ
  • 日本語に戻す

    ブラウザ上部の「原文を表示」ボタンを押してください。

ページイメージ

健康・福祉・医療

【介護サービスの利用方法】

窓口への申請は、本人又は家族が行います。

(窓口は、保健福祉課介護保険係)
また、次のところでも申請の依頼ができます。
(地域包括支援センター、居宅介護支援事業者など)

申請に必要なもの

・要介護認定申請書
・介護保険被保険者証(40歳~65歳未満の方は、医療保険被保険者証)
・印鑑

申請から認定までの流れ

1.申請

担当窓口へ申請します。

2.訪問調査

町の訪問調査員が家庭を訪問し、本人の心身の状態などについて調査を行います。

3.介護認定審査会

訪問調査の結果と主治医などからの意見を合わせて、介護がどれくらい必要か判断し認定します。

区分 状態 利用できるサービス
要支援1

社会的支援を部分的に要する状態

予防給付
要支援2

重い認知症等がなく、心身の状態も安定しており、社会的支援を要する状態

要介護1

心身の状態が安定していないが、認知症等により部分的な介護を要する状態

介護給付
要支援2

軽度の介護を要する状態

要介護3

中等度の介護を要する状態

要介護4

重度の介護を要する状態

要介護5

最重度の介護を要する状態

※非該当の方は、地域支援事業の対象者となり、介護予防サービスの提供を受けます。
①原則として申請から30日以内に認定結果が通知されます。
②認定の有効期限は原則12ヶ月間であり、その後は、更新申請が必要です。


4.介護サービス計画の作成

認定後、要介護度や本人、家族の意見を踏まえ介護支援専門員により、利用するサービス内容や回数などを示した介護サービス計画が作られます。

5.介護サービスの利用

介護サービス計画に基いてサービスを利用します。