• 文字の大きさ
  • 日本語に戻す

    ブラウザ上部の「原文を表示」ボタンを押してください。

ページイメージ

健康・福祉・医療

【高額介護サービス費について】

介護保険での利用者の自己負担額(月額)が、世帯合算で一定の上限額を超えた場合は、超えた額が払い戻されます。

支給対象

在宅利用の場合

各要介護度の1ヵ月あたりの支給限度額に対する利用者負担額が対象となります。
なお、それを超えて利用した部分は高額介護サービス費の支給の対象にはなりません。


施設利用の場合

施設サービスなどにおける食事代、日常生活費など介護保険の給付対象外のサービスの利用者負担は高額介護サービスの支給の対象にはなりません。

利用者負担の上限月額

設定区分 対象者 負担の上限額(月間)
第1段階

生活保護を受給している方等

15,000 円(個人)
第2段階

前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80 万円以下の方等

24,600 円(世帯)
15,000 円(個人)
第3段階

世帯全員が市区町村民税を課税されていない方

24,600 円(世帯)
第4段階

市区町村民税課税世帯(一定の場合、年間上限があります。)

44,400 円(世帯)

※「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指し、「個人とは」、介護サービスを利用したご本人負担の上限額を指します。
〈高額医療・高額介護合算制度〉
同じ医療保険の世帯内で、医療保険と介護保険両方に自己負担が生じた場合は、合算後の負担額が軽減されます。決められた限度額(年額)を500円以上超えた場合、市区町村に申請をすると超えた分が支給されます。
申請に必要なもの
・介護保険高額介護サービス費支給申請書
・印鑑

お問い合わせ

ふれあいセンターびらとり内 保健福祉課介護保険係
TEL:01457-4-6114