• 文字の大きさ
  • 日本語に戻す

    ブラウザ上部の「原文を表示」ボタンを押してください。

ページイメージ

暮らし・手続き

【介護保険料】

介護保険料は65歳以上の方と40歳~65歳未満の方では、算出・納付方法が異なります。

第1号被保険者 65歳以上の方の保険料


保険料は所得によって分かれます。

【算出方法】
65歳以上の方の保険料は、市町村の介護サービス費用がまかなえるよう算出された「基準額」をもとに決まります。
平取町の平成24年度~26年度の「基準額」は下記のとおりです。
平取町の基準額 36,000円(年額)
「基準額」は所得段階の「第4段階」の額にあたります。
その「基準額」をもとに、所得によって1~6段階の保険料に分かれ、3年に一度見直します。

所得段階 対象となる方 保険料の調整率 保険料
第1段階

・生活保護受給者の方
・老齢福祉年金※1受給者で、世帯全員が市区町村民税非課税の方

×0.50

18,000円/年
1,500円/月

第2段階

世帯全員が市区町村民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額※2の合計が80万円以下の方

×0.63

22,680円/年
1,890円/月

特例 第3段階

世帯全員が市区町村民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円以下の方

×0.69

24,840円/年
2,070円/月

第3段階

世帯全員が市区町村民税非課税で、特例第3段階に該当しない方

×0.75

27,000円/年
2,250円/月

特例 第4段階

世帯の誰かに市区町村民税が課税されているが、本人は市区町村民税非課税で、前年の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方

×0.88

31,680円/年
2,640円/月

第4段階

世帯の誰かに市区町村民税が課税されているが本人は市区町村民税非課税で、特例第4段階に該当しない方

基準額
×1.00

36,000円/年
3,000円/月

第5段階

本人が市区町村民税課税で、前年の合計所得金額が190万円未満の方

×1.25

45,000円/年
3,750円/月

第6段階

本人が市区町村民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上の方

×1.50

54,000円/年
4,500円/月

※1 老齢福祉年金  明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方で一定の要件を満たしている方が受けている年金です。
※2 合計所得金額 「所得」とは、実際の「収入」から「必要経費の相当額」を差し引いた額です。
【納付方法】
年金から天引き(特別徴収)と納付書もしくは口座振替による納付(普通徴収)の2通りがあります。
①年金から天引き(特別徴収)される方
老齢・退職・遺族・障害年金が年額18万円以上の方
②納付書又は口座振替により納付(普通徴収)される方
各種年金が年額18万円未満の方
年度途中に65歳になった方
(老齢・退職・遺族・障害年金が年額18万円以上の方は、翌年度から年金天引きが開始されます。)
年度途中に転入された方で、前住所地の市町村で年金天引きされていた方
(翌年度から年金天引きが再開されます。)

第2号被保険者 40~64歳の方の保険料


加入している医療保険によって算出方法、納付方法が違います

  算出方法 納付方法
国民健康保険の方

所得や世帯にいる40~64歳の介護保険対象者の人数によって決まります。

医療保険分と介護保険分を合わせて、国保の保険税として世帯主が納めます。

職場の健康保険の方

健康保険組合、共済組合など、加入している医療保険の算定方式にもとづいて決まります。

医療保険分と介護保険分を合わせて、健康保険料として給与から差し引かれます。

※ なお、災害などの特別な事情で一時的に保険料が支払えなくなったときなどは、担当の介護保険係にご相談下さい。