• 文字の大きさ
  • 日本語に戻す

    ブラウザ上部の「原文を表示」ボタンを押してください。

ニュース・お知らせ

  • 水道管の凍結に注意してください

    例年12月~3月ころにかけて水道管の凍結事故が多くなります。
    気温が氷点下になると水道管が凍結する恐れがあり、水道管が凍結、破裂すると水が使えなくなるだけではなく、修理費用など思わぬ出費にもつながります。

    【凍結する条件】
    ・おおよそマイナス4℃以下
    ・日のあたらない場所や屋外の水道管
    ・風が直接当たる場所
    以上の場所・条件で、凍結や破裂が起こりやすくなります。

    【凍結の予防法】
    ・長期間不在の場合や就寝前、寒さの厳しい日中など、水道を使わないときは必ず水落としをする
    ・屋外の水道管は市販の保温材やタオルなどを管に直接巻いて、冷たい風から守る

    【凍結してしまった場合の対処法】
    ・凍結した箇所にタオルを巻いて、ぬるま湯をかけてゆっくり溶かす
    (このとき熱湯をかけると水道管が破裂する可能性があるので、絶対に熱湯はかけないでください)

    【それでも水が出ない時】
    ・対処法を試しても水が出ない場合、破裂してしまった場合などは無理をせずに水道業者に修理依頼をしてください

    問合先 建設水道課 水道施設管理係(TEL:01457-2-2226)

最近のニュース・お知らせ
アーカイブ